2018
24
Dec

青森、 巨樹

日本最古のりんごの木(青森県つがる市)

《訪問:2018年07月》

りんごの名産地青森。
日本最古のりんごの木が、岩木川近くのりんご園の中にあります。
青森県指定の天然記念物だそうです。

細めの道に右折で入る手前、こんな看板があります。

この看板の付近で車を停めて、あとは歩きます。

目の前には岩木山。

りんご畑の中を進んでいきます。

緑の中に埋もれた看板。

この左手の門の奥に、最古のりんごの木があります。

案内板には、樹高は7.4m、主幹廻り3m、樹冠専有面積は205㎡。
明治11(1878)年に植えられたものだそうです。

ところが、サイトを見ると、同時期に植えられた3本が現存しているとあります。

撮った写真を見返すと、真ん中の白い柵に囲まれた樹の奥にも、白い柵で囲まれた木が。

おそらく、これもそうなんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加