2018
4
Nov

ブログ、 世界遺産、 長崎、 世界遺産・暫定リスト

旧野首教会②(長崎県小値賀町[野崎島])

《訪問:2018年09月》

世界遺産「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。
その構成資産のひとつ「野崎島の集落跡」に包含される、野首集落跡。
その象徴でもある、旧野首教会のその2です。(その1はこちら)

右側の階段とは別に、左側から坂道で教会まで登れます。

左下から見上げた旧野首教会

少し登って望遠で。

左手後方から、教会の敷地に入れます。

教会の左手横側。

正面再び。

入口上のステンドグラスをを外から見たところ。

内部は撮影禁止になっています。
この旧野首教会も、長崎県を中心に多くの教会建築を手掛けている、鉄川与助の設計・施工。
長崎県の指定文化財になっています。

内部の天井は、リブ・ヴォールト
もちろん、他の日本の教会のリブ・ヴォールトと同様、構造を支えるものではなく、あくまでも装飾です。

もう少し、続きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加