2018
30
Oct

長崎

沖ノ神島神社の神官の家(長崎県小値賀町[野崎島])

《訪問:2018年9月》

野崎島の港から、廃墟の続く旧野崎集落の中を抜けて行きます。
そうすると、修復された家に行き当たります。

沖ノ神島(おきのこうじま)神社の神官の屋敷跡です。

2001年、神官が島を離れ、野崎島が事実上の無人島になりました。
(住民票を野崎島に残している人はいるそうです。)
それまでの間、島の北端にある沖ノ神島神社まで片道2時間以上の山道を毎日通い、祈りを捧げていたそうです。

ちょっと、整備されるぎかなぁって感じはしますね。




家の端には、遥拝所。

荒天で神社に通えない時は、ここで祈りを捧げたそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加