2018
9
Aug

世界遺産、 長崎、 世界遺産・暫定リスト

平戸島の聖地と集落(安満岳と春日集落)③(春日の棚田[昼間]・長崎県平戸市)

《訪問:2018年05月》

世界遺産「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連資産」。
その構成資産のひとつ「平戸島の聖地と集落(安満岳と春日集落)」。
その春日集落の象徴でもある春日の棚田の続きです。

車のUターンポイントを越えて、更に上へ。

初回にもご紹介しましたが、この状態で後続の車が来たら結構厳しいので、駐車場に車を停めて歩くことをお勧めします。
写真を撮りながら登って、駐車場から上部まで徒歩15~20分くらいでしょうか。

江戸時代に馬を洗っていたと伝えられる、馬洗川も越えます。

右手に丸尾山を見ながら、登っていきます。

そこから徒歩2分ほどで、安満岳に登った切通しの道です。

色んな角度で棚田を楽しみながら登ります。

上部にもイノシシ除けの柵があります。

イノシシ除けの柵の少し上あたりから見下ろした棚田。

下ります。
登りの途中では気が付かなかったフォトポイント。

ここで折り返すのが正解ですかね。

フォトポイントの少し下。

安満岳に登った切通しの道の少し下。
丸尾山と棚田です。

丸尾山を越えて、下まで降りてきて見上げたところ。

棚田への入口も越えて、駐車場に向かいます。

海の近くまで、棚田が続いています。

緯度経度で指定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加