2018
2
Aug

道南、 縄文時代、 北海道

函館市縄文文化交流センター②(道具・貝塚など・北海道函館市)

《訪問:2015年11月》

「道の駅 縄文ロマン南かやべ」に設置されている「函館市縄文文化交流センター」は、世界遺産候補として暫定リストに掲載されている垣ノ島遺跡や大船遺跡を始めとした、南茅部縄文遺跡群を中心とした出土品が展示されています。

今回は、漁撈・狩猟などの道具や、貝塚の中身の展示をご紹介。

展示室はこんな感じです。

漁撈関連の展示。

貝塚の剥ぎ取り展示と発掘物たちです。


狩猟関連の展示。

多く採取されたオニグルミ。

石斧と石鍬。

つまみ付きのナイフ。

展示の仕方が好きでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加