2018
27
Jul

水辺の風景、 海・渚、 ブログ、 長崎

キリシタン・クルーズ①(有川~若松港・長崎県新上五島町[中通島~若松島])

《訪問:2018年05月》

五島列島にある世界遺産の構成資産4つ。
空港のある福江島や、長崎・佐世保と多くの船便が着岸する中通島にはありません。
頭ヶ島だけは、中通島と橋で繋がっていますが。)

五島市にある構成資産2つ(奈留島の江上集落と久賀島の集落)は、それぞれフェリーが着岸する港からも遠いので、ツアーに参加するのが現実的かもしれません。
私は、五島バスの主催する「キリシタン・クルーズ」の午前便(有川⇒若松⇒キリシタン洞窟⇒江上天主堂⇒旧五輪教会⇒福江)に参加しました。(午後便は、午前便の逆になります。)

おススメポイントは2つ。
海上タクシーで移動になるので、若松島にあるキリシタン洞窟(海からしか行けません)に行けます。
また、海上タクシーで久賀島の旧五輪教会のある集落に、海からアプローチできるため、海の上から旧五輪教会を見ることができます。
それに、福江島と中通島をツアーに乗りながら移動できるので、時間も節約できますね。

まず、中通島の有川から、中通島と橋で繋がっている若松島の若松港までをご紹介します。

朝、有川の港の近くの「五島うどんの里」に集合します。
(午前便の有川⇒福江に参加したのは3名でした。午後便の福江⇒有川は13名だったそうです。)
そこからタクシーで若松港に向かいます。

まず最初は、入江に面した中ノ浦教会を遠望します。

前日とはうってかわって晴天に恵まれました。

若松大橋を渡ります。

若松港で、海上タクシーに乗り換えます。

乗り物酔いをする方は、酔い止めを飲んでおいた方が良いかもしれませんが、事前に言われていたほどは揺れませんでした。

【中ノ浦教会】

【若松港】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加