2018
24
Jul

翔ぶが如く、 ブログ、 鹿児島

西郷隆盛上陸地の碑(鹿児島県和泊町[沖永良部島])

《訪問:2018年02月》

2度目の流刑になった西郷隆盛
徳之島では、比較的自由で、愛伽奈にも会うことができました。
しかし、そうした待遇を知った島津久光は激怒。
沖永良部島に島替えのうえ、牢込めするよう命令を下します。

徳之島での謫居地だった岡前から、徳之島東部の井之川へ移送。
船待ちで井之川の奥山家に17日間寄宿し、沖永良部島に送られてきました。

上陸したのは、沖永良部島の北東部にある伊延の港。
伊延港は、2018年に「西郷南洲伊延港」という愛称がつけられたんだとか。

そこに、西郷隆盛上陸地の碑が建てられています。

伊延の港には馬が用意されていたそうですが、獄中死も覚悟していた西郷さんは、生涯地に足をつけることが出来なくなるかもしれないとして、伊延の港から牢がある和泊まで歩いていったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加