2018
24
Jul

ブログ、 世界遺産、 重要文化財、 長崎、 世界遺産・暫定リスト、 国宝・重文・天然記念物

頭ヶ島の集落②(頭ヶ島天主堂・長崎県新上五島町[頭ヶ島])

《訪問:2018年05月》

シャトルバスを降りて、徒歩1~2分。
頭ヶ島天主堂です。

全国でも珍しい石造りの御堂。

施工は、長崎県で多くの教会を手掛けている鉄川与助
鉄川さんは仏教徒だそうです。

完成は大正8年。
10年の歳月をかけて完成しました。

石造なのは、頭ヶ島に近い中通島北東部の江ノ浜、友住、赤尾の石文化の影響なんでしょうかね。

外部は重厚な石造りですが、内部は白と青を基調に、五島椿をモチーフにした華やかな雰囲気です。
(内部は撮影禁止。)

敷地はそんなに広くないので、もう少し広角のレンズを持っていけば良かったかな。
(APS-Cで16mmですから、26mm相当ぐらいでしょうか。もう少し広角だと良かったかな。)

2003年には境内地も重文指定されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加