2018
22
Jul

翔ぶが如く、 ブログ、 鹿児島

岡前の西郷隆盛謫居地と西郷公園(鹿児島県天城町[徳之島])

《訪問:2017年①月》

7月初旬から8月下旬の2カ月ほど、二度目の遠島となった西郷隆盛は、徳之島上陸後、岡前集落の松田勝伝方に身を寄せます。

ここに、7月初旬に長女の菊草を産んだばかりの愛可那が、長男の菊次郎を連れて、奄美大島から徳之島に移ることを決意し、徳之島へ。再会を果たします。
近隣の島とはいえ、外洋の航海。台風シーズンでもありますし、愛可那の西郷さんを想う気持ちと行動力には感服します。

ただ、西郷さんが比較的自由に動ける軽い処罰に留められていることを江戸で知った島津久光は激怒。牢込めにして、沖永良部島に送るよう命令を下します。
誰がチクったんでしょうね。。

久しぶりの対面を喜んだ西郷隆盛と愛可那でしたが、すぐに引き離され、西郷さんは沖永良部島に送られるべく、移送されてしまいます。
一緒に暮らすことが叶わなくなった愛可那は、子供たちを連れて、奄美大島に戻りました。

謫居跡には石碑が建てられています。

石碑の脇にm3つの石。

西郷さんが、地元の若者たちとの交流の際に使われた「力石」です。
西郷さんの底知れぬ怪力に、地元の猛者たちもかなわなかったとか。

謫居跡の隣には、西郷公園が整備されています。

小高い丘の上には、西郷さんの顕彰碑。

謫居跡から少し下ったところに、役所跡を示す看板が建っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加