2018
6
Jul

ブログ、 鹿児島

フェリーかけろま(鹿児島県瀬戸内町[奄美大島/加計呂麻島])

《訪問:2017年11月など》

奄美大島の南部と加計呂麻(かけろま)島などからなる瀬戸内町
奄美大島と大島海峡を挟んで向き合う加計呂麻島へは、町営のフェリーで渡れます。

訪れたときは多客期でも無いし、気にせずレンタカーで古仁屋の港まで向かったのですが、フェリーのキャパシティがそれほど大きくないので、車をフェリーで運ぶ場合は、往復とも予約しておいた方が良さそうです。
港で申し込む際に、復路は予約しておくよう強く勧められました。
(もちろん、予約しました。)

乗船券の購入窓口は「せとうち海の駅」の中にあります。
名瀬からだったので、余裕を見てホテルを出発したため、出航時間の相当前に港に着いてしまい、建物の灯りが点くまで待機していたのですが、窓口だけは早く開きます。
気がつくのが遅れ、あわや乗れないところでした。(^_^;)
危ない、危ない。
あと、当然、風には弱く、強風時は欠航になります。事前に確認した方が良いでしょう。

大島側は古仁屋港1ヶ所なのですが、加計呂麻島側は、北側の瀬相港と南側の生間港の2ヶ所に交互で運行されます。
私は、第一便で瀬相に渡り、島を巡ってお昼に生間から戻ってきました。

夜明けの古仁屋港。

古仁屋港の出口。

フェリーからの眺め。





古仁屋港~瀬相港は、25分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加