2016
2
Jun

千葉、 夏の花ごよみ、 墓所

宗吾霊堂(東勝寺)のあじさい(千葉県佐倉市)

《訪問:2013年6月・2014年6月》

宗吾霊堂」として知られる、佐倉の東勝寺
その起源は、桓武天皇の昔、坂上田村麻呂が建立したと伝えられています。

何よりも、その通称の通り、義民として有名な、佐倉宗吾(木内惣五郎)のお墓などがあることで有名です。
宗吾父子のお墓

ちなみに、佐倉宗吾は、江戸時代前期、佐倉藩国家老による暴政に苦しんでいた領民の救済を、4代将軍の家綱公へ直訴しました。
願いは聞き届けられ、年貢は引き下げられて領民は救われましたが、ご禁制の将軍への直訴でしたから、その罪により磔刑(はりつけ)に処せられました。
幼い男の子4人も併せて死罪になっています。

また、佐倉を練習拠点にしていた高橋尚子さんが、金メダルに輝いたシドニーオリンピックの前に必勝祈願に来たお寺でもありますね。

その境内の奥に、あじさい園があり、1,000株以上の様々な種類のあじさいが植えられています。
宗吾霊堂のあじさい①

ポピュラーな西洋あじさい。
宗吾霊堂のあじさい②
宗吾霊堂のあじさい③
宗吾霊堂のあじさい④
宗吾霊堂のあじさい⑤

日本在来のガクアジサイ。
宗吾霊堂のあじさい⑥
宗吾霊堂のあじさい⑦

そして少し変わり種の柏葉あじさいが多数植えられています。
宗吾霊堂のあじさい⑧

みなさんは、どのあじさいが好みですか?

【関連記事】
 ・本土寺のあじさい(千葉県松戸市)
 ・飛鳥山の「あじさいの小路」(東京都北区)
 ・対馬のアジサイロード(長崎県対馬市上県)

緯度経度で指定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加