2016
19
Apr

春の花ごよみ、 巨樹、 栃木

あしかがフラワーパーク-藤とつつじ(栃木県足利市)

《訪問:2010年4月》

大藤で有名な「あしかがフラワーパーク」です。
2010年当時もすごい人でしたが、今はもっとすごいんでしょうね。

藤の季節、開園は朝の7時です。
そのため、小山に1泊し、両毛線の始発で最寄りの富田駅へ向かいました。

6時40分頃には着きましたが、すでに100人近くが待っていて、引きましたね。(^^;)

まずは、フラワーパークの象徴の大藤です。
大藤①-あしかがフラワーパーク

樹齢は、まだまだ若い150年ほど。
そのためなのか、県の天然記念物に留まっています。
大藤②-あしかがフラワーパーク

若い分樹勢が良く、花つきは見事ですね。
大藤③-あしかがフラワーパーク

奥には、大長藤。
こちらも、花つきは見事でした。
大長藤-あしかがフラワーパーク
ただ、藤だなが金属の単管パイプってのが興を削ぐのが残念ですね。

野田長藤は3本あります。
野田長藤①-あしかがフラワーパーク

個人的には、残りの1本が一番好きかも。
野田長藤②-あしかがフラワーパーク

藤は、野田長藤だけではありません。
いくつも、色々な種類の藤が咲き誇っています。
藤たち①-あしかがフラワーパーク
藤たち②-あしかがフラワーパーク
藤たち③-あしかがフラワーパーク

つつじとの共演も見事ですね。
藤とつつじの共演①-あしかがフラワーパーク
藤とつつじの共演②-あしかがフラワーパーク

ただ、混み過ぎ。。
次は、大藤の季節以外に行ってみようかな。(笑)

【関連記事】
 ・牛島の藤(埼玉県春日部市)
 ・牛島の藤花園(樹齢1,200年・特別天然記念物の藤/埼玉県春日部市)
 ・牛島の藤花園(樹齢800年・野田長藤/埼玉県春日部市)

栃木県足利市迫間町607
  • このエントリーをはてなブックマークに追加