2016
5
Apr

道南

元町公園-旧北海道庁函館支庁庁舎・旧開拓使函館支庁書籍庫(北海道函館市)

《訪問:2014年10月》

旧函館区公会堂」の下。
元町駐車場の隣にある「元町公園」です。

函館は、松前藩領と幕府直轄領を行ったり来たりしますが、19世紀初めの幕府直轄領時代には箱館奉行所が置かれました。
今は、標識しかありませんが。(^^;)
元町公園-箱館奉行所跡標識

その後、一旦、松前藩に戻されますが、安政元年(1854年)の日米和親条約で箱館の開港が決まると、再び幕府直轄領へ。
ただ、海のすぐそばで防衛上の難があったため、奉行所は五稜郭に移されました。
元町公園から見た港

秋。
カエデやドウダンツツジの紅葉が美しかったですね。
元町公園-旧北海道庁函館支庁庁舎

公園の中には、古い建物が2つ。

まずは、木造の洋館「旧北海道庁函館支庁庁舎」です。
明治42年(1909年)に建てられました。
元町公園-旧北海道庁函館支庁庁舎①

今は、1階は元町観光案内所、2階は写真歴史館になっています。

そして、レンガ造りの建物が「旧開拓使函館支庁書籍庫」。
元町公園-旧開拓使函館支庁書籍庫

建造されたのは明治13年(1880年)と伝えられます。
函館を襲った大火にも耐え、中の行政資料を守ったそうです。

なんとなく、この街灯、好きです。
元町公園-街灯

紅葉が美しいドウダンツツジ越しに見た、旧函館区公会堂です。
元町公園-ドウダンツツジと旧函館区公会堂

【関連ブログ】
 ・元町の教会群-昼間(北海道函館市)
 ・旧函館区公会堂-元町(北海道函館市)
 ・旧イギリス領事館とペリー像-元町(北海道函館市)
 ・元町あれこれ(北海道函館市)
 ・元町夜景点描(北海道函館市)

緯度経度で指定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加