2016
17
Mar

東京、 春の花ごよみ

六義園のしだれ桜-朝(東京都文京区)

《訪問:ほぼ毎年》

桜(ソメイヨシノ)の開花が近づいてきたようなので、桜を少しご紹介します。

毎年、同じような場所に行ってしまうので、年に1ヶ所は新規開拓したいなと思うのですが、時間に限りもあって、なかなか難しいですね。(^^;)

私にとって、東京の桜の季節到来を告げるのは、駒込にある六義園のしだれ桜です。
ソメイヨシノよりも早く満開を迎えることが多いですね。
(早い年は、ソメイヨシノの開花の頃に満開になります。開花状況は、六義園のHPでご確認下さい。)

これだけの雄姿、人が写り込まずに全景が撮れるのは奇跡のように思えますが、これは公園のみなさんの仕切りのおかげ。
六義園のしだれ桜①

通常の開門は朝の9時なんですが、満開期には15~20分早く開門されます。
そして、9時までは、誰も桜に近づかないよう呼びかけているのです。
六義園のしだれ桜③

もちろん、通常の公開時間である9時になったら、自由に近寄って記念撮影もできます。
六義園のしだれ桜②
六義園のしだれ桜④

留意点は、3つ。

1.しだれ桜の周りでは、三脚・一脚の使用は禁止です。
2.しだれ桜は、正門側(駒込駅からは徒歩10分ほど)のすぐ近くです。
  駒込駅側の門から入っても、結局しだれ桜までは結構歩くことになりますので、正門側に並んだ方が良いですね。
3.年間パスポートを買うと、並ばずに入れます。
  ま、年パス購入者の特典のひとつですね。
  毎年、高齢の男性から、「なんで並ばないんだ!」という怒号が飛ぶのが情けない。
  (必ず、怒号を飛ばすのは、高齢の男性なんですよね~。社会から遊離してしまっているからなんでしょうが、あぁならないよう、注意しなければ。。)
六義園のしだれ桜⑤

夜はライトアップされるんですよ~☆
その様子は、こちらをご覧下さい。

緯度経度で指定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加