2016
7
Feb

鹿児島

黒神埋没鳥居-桜島(鹿児島県鹿児島市)

《訪問:2007年02月》

ここのところ活動が活発化していて、ちょっと心配な桜島。

大正3年の大爆発の猛威を今にとどめる「埋没鳥居」のひとつ、黒神埋没鳥居です。
黒神埋没鳥居-桜島
黒神町にある、この原五社神社の鳥居は、もともと高さ3m。
当時の噴火の猛威を今に伝えています。

大正大噴火の前、桜島は名前の通り「島」でした。
しかし、この大正3年の大噴火で、大隅半島と陸続きになってしまいました。

大正大噴火の前兆は3日前から。
断続的な地震だけでなく、井戸の水が沸騰していたり、海に魚が浮いたりしたそう。

そして、大噴火。
黒煙は上空7,000mにまで達したんですって。

翌日に溶岩の流出が始まり、30億tの溶岩で海峡は埋まってしまいました。

最近、霧島(硫黄山)、桜島、口永良部島などの活動が、かなり活発化しているのが気になります。

【関連記事】
原五社神社(鹿児島県鹿児島市)

緯度経度で指定

 ・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加