2016
1
Feb

国宝、 縄文時代、 青森、 暫定リスト、 遺跡

是川縄文館-国宝「合掌土偶」(青森県八戸市)

《訪問:2015年09月》

折角、歴史を切り口にするカテゴリー2を始動させたので、いくつか記事を上げておきます。
まずは、やっぱり話題の場所からですね。(笑)

2016年01月現在、「北海道・北東北の縄文遺跡群」として、世界遺産登録を目指す暫定リストに掲載されている是川遺跡。
そこから出土した夥しい遺物を展示しているのが「是川縄文館」です。
是川縄文館(看板)

もっとも有名なのは、国宝「合掌土偶」
国宝「合掌土偶」-表

土偶で国宝に指定されているのは、全部で5つですが、その中でも人気の土偶です。
もともと人気のあった合掌土偶ですが、2015年終盤にブレイク。(笑)
日本中を感動させてくれたラグビー日本代表の、五郎丸選手の「五郎丸ポーズ」に似ているって話題になっているんですって。(笑)
国宝「合掌土偶」-斜め

背面からもどうぞ。
国宝「合掌土偶」-背面

2014年に東京国立博物館に国宝指定されている土偶5つが全て展示された時に見て、発掘場所に行きたいと思っていたのですが、ワールドカップの前に行けて良かった。(笑)

もちろん、「合掌土偶」以外も展示が充実。
是川縄文館展示室

漆器も縄文時代からあったんですね~。
是川縄文館-漆器

遮光器土偶もたくさん出土しているんですね。
是川縄文館-遮光器土偶①
是川縄文館-遮光器土偶②

もちろん、土器もたくさんあります。
是川縄文館-土器

是川遺跡自体は、今は野原です。
その様子は、また記事にします。

青森県八戸市大字是川字横山1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加