2016
30
Jan

鹿児島

九州電力山川発電所(鹿児島県指宿市)

《訪問:2015年05月など》

日本は火山国ですから、地熱資源は豊富です。
世界でアメリカ、インドネシアに次いで、第三位のポテンシャルがあるとか。

ただ、「地熱発電」となると、ちょっと難しい。
何故なら、今の地熱発電は、地中に眠る「蒸気」をそのまま取り出して、その噴出する勢いでタービンを回すから。
熱だけあればいいってもんじゃ、無いんですね~。

そのため、「どの程度の蒸気が噴き出すか?」を予測するための調査などに、大変な時間がかかります。

山川ヘルシーランド付近から見える、九州電力の山川発電所。
日本では数少ない商業運転している地熱発電所のひとつです。
九電山川発電所(全景)

この山川発電所、農地から蒸気が出ていたのを見つけてから、発電開始するまでに18年かかったそうです。
この山川発電所の、噴き出す蒸気量の減衰に悩まされているんだとか。
熱だけあれば発電できるようになると、随分変わるんでしょうね~。

そんな、山川発電所。
展示施設を見るだけでなく、無料のガイドツアーに参加することで内部を見学することが出来ます。

まずは、発電建屋の中へ。
タービンや発電機が大きな音を立てて働いています。
九電山川発電所(発電機)
九電山川発電所(タービン)

修理の際に取り出したタービンの羽根だそうです。
九電山川発電所(タービンローター

蒸気井から取り出したものを、蒸気と水に分ける蒸気設備。
九電山川発電所(蒸気設備)

タービンを回すのに使った蒸気を、冷やして水に戻す復水器です。
九電山川発電所(復水器)

出入り口には、ハイビスカスが綺麗に咲いていました。
九電山川発電所(ハイビスカス)

周辺は地熱で暖かな場所。
ビニールハウスでは、地熱を活用したラン栽培が行われています。
九電山川発電所周辺(ラン栽培)

鹿児島県指宿市山川小川2303番地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加